読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
広告



「のんびりオウムガイと せっかちアンモナイト」



広告



この間、娘が学校の図書館で「のんびりオウムガイと せっかちアンモナイト」という絵本を借りて来ました。

私がアンモナイトとオウムガイが大好きなのを知ってるので、私のために借りてくれたそうです。

オウムガイとアンモナイトの栄枯盛衰を描いた科学絵本絵本です。

私はお年玉の大部分をつぎ込んで、オウムガイの殻を買ったり、博物館でアンモナイトの前から動かなかったりするくらい、好きなのですが、その大好きな彼らの事を何も知らなかった事を知りました。

 

・貝じゃなくてイカとかタコの仲間

・アンモナイトがオウムガイの祖先ではなくて、オウムガイからアンモナイトが派生して、アンモナイトだけ滅んだ。

・アンモナイトの化石についてる葉っぱみたいな模様は、葉っぱがくっついて化石になったのではなくて、殻の壁を丸く曲げる時に出来た模様。

 

などなどです。 

すごく色々分かって、でも、そこから更に疑問が出てくるのが科学絵本の良いところですね。

 

あと、オウムガイは食べられるそうなので、いつか食べてみたいと思いました。

 

f:id:i-mishin:20170203084340j:image

こんな表紙です。絵も私の好きな感じでした。