読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
広告



「ハリーポッターと呪いの子」読みました



広告



発売してすぐ購入したのですが、なんとなく寝かしておいたのを読み終えました。ハリーポッターシリーズの最新作です。「死の秘宝」の最後のシーンから始まります。ハリーが私と同年代なのは初めてだったので、ちょっと嬉しかったです。

戯曲という事もあり、少し唐突な場面もありましたが、最後までグイグイ惹きつける物語の展開は流石だなあと思いました。ただ、私はやっぱり松岡さんの日本語訳は苦手だなあと思いました。

それと……↓ネタバレです!

 

 

 

「アズカバンの囚人」のタイムターナーの存在は、ずーっとモヤモヤしてました。そのタイムターナーが重要なアイテムとして今作で出て来て、以前からの疑問点を解消してくれた点もありましたが、更なるモヤモヤも産んでしまいました。

ロンとパドマの子どもは、時間の流れを正常に戻した時には消滅したのでしょうか?説明はされてないので、はっきりとは分かりませんが、この作品の時間の扱い方では、パラレルワールドは存在せず、現実は一つという印象を受けました。だとすると、アルバスとスコーピウスのした事は大変な罪のような気もしないでもないです。

 

でも、モヤモヤがあっても面白かったです。電車の中で読んでしまったので、涙目になった時に誤魔化すのが大変でした。

 

f:id:i-mishin:20170202154900j:image