広告



「バビロンまでは何マイル」を読みました



広告



ここのところ、ずっとダイアナ・ウィン・ジョーンズばかり読んでます。なんだか今の季節にしっくり来る感じです。多分真夏になると、もうちょい重めの本が読みたくなるんだろうなあ。

お話の大部分がファンタジーオタクの年に一度のお祭りが舞台になっていて、そのカオスな雰囲気が楽しかったです。あと、美人ではなく、荒っぽい性格のヒロインがとても魅力的でした。

 

f:id:i-mishin:20141215133200j:plain